鳴海製陶1960'sケンタウロス C&S
5d5782103a7e964cf1961f1e 5d5782103a7e964cf1961f1e 5d5782103a7e964cf1961f1e 5d5782103a7e964cf1961f1e 5d5782103a7e964cf1961f1e 5d5782103a7e964cf1961f1e 5d5782103a7e964cf1961f1e

鳴海製陶1960'sケンタウロス C&S

¥2,160 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

鳴海製陶1960'sケンタウロス C&S size 口径9.8cm 深さ5.4cm ソーサー15.5cm 年代 1960-70年代 状態 スレ、金彩剥がれ少しあり 欠けなし 一見、ポップな絵柄ですが ケンタウロスが狩をする絵柄です。 食卓を囲む幸せは、いつの時代も変わらずあるようにおもいます。敗戦後、再生への希望が食器からも伝わってきます。 鳴海製陶は、1945年敗戦後の1946年、創業 1938年、名古屋の鳴海に名古屋製陶株式会社がドイツ式陶磁器を建設したものの、航空部品を作るために、設備は撤去されてしまったそうです。 戦後、航空部品を作る機械は不要になり、工場の片隅にあった僅かな設備を使い、残された職人でスタートしたのが、1946年、鳴海製陶です。戦後の混乱の中、どれだけの思いで発足されたのか、その時代の食器を見るとこみあげてくるものがあります。 日本製のレトロな食器 可愛くて、雰囲気のあるもの それだけで全然オッケー だとおもいます ただ、なぜ?と時代背景を知ると きっと粗末になんてできないし、そして、飾らずに使おうと思っていただけるかなあと思い、書かせていただきました。 長くなってしまい すみません。。 戦後74年。まだ74年 もう繰り返したくないですね